建物登記|愛知県豊田市、土地家屋調査士、行政書士合同事務所

調査士業務 建物登記

  • HOME
  • 調査士業務 建物登記

建物登記

建物表題登記とは、建物の物理的な状況を、登記簿という登記所に備え付けられた公の帳簿に登録する手続きの事を言います。

一戸建ての住宅や店舗、賃貸アパートなどの建物を新築したときにする登記です。

建物滅失登記とは、建物が取毀しや焼失などで存しなくなったことを原因として、法務局にある登記記録(登記用紙)を閉鎖する手続きをいいます。

既登記の建物の物理的状況又は利用形態が変化・変更があった場合、登記されている建物の表題部の登記事項に変更が生じます。
この現況に合致させるの登記を建物表題変更登記といいます。

建物登記の種類

  • 建物表題登記
  • 建物表題登記とは、建物を新築し建物として既に存在しているのに未だその登記がされていない場合に初めて登記簿の表題部を開設する登記です。建物を新築した場合、所有者に発生する、登記の申請義務のよってなされる登記です。
  • 建物滅失登記
  • 建物滅失登記とは、建物が焼失、取毀等により滅失した場合に、滅失したときから1カ月以内にしなくてはいけない登記です。ただし、附属建物が滅失した場合には、建物表示変更登記を申請します。
  • 建物表題変更登記
  • 建物を増築することによって床面積が増えたり、建物の用途を変更した時にする登記です。また、物置などの附属建物を増築した時などにもこの登記が必要です。
  • 区分建物表題登記
  • 区分建物(マンション)を新築した時にしなければならない登記です。原始取得者、すなわち、そのマンションを建てた人(会社)は、新たに建物が生じたときから1ヶ月以内に区分建物表題登記を申請しなければなりません(不動産登記法第47条第1項)。

建物登記における料金表

下記の料金表は概算見積です。面積、隣接地の状況により料金は上下します。ご依頼内容を詳しくお知らせくだされば、より正確なお見積を差し上げます。

手続き 実費は別途
建物表題登記 73,500円~
建物滅失登記 42,000円~
建物表題変更登記 73,500円~
建物表題変更登記 個別相談による
  • お問い合わせ
  • よくある質問
事務所案内

【事務所所在地】
〒471-0066
愛知県豊田市栄町二丁目24番地2