開発許可申請|愛知県豊田市、土地家屋調査士、行政書士合同事務所

行政書士業務 開発許可申請

  • HOME
  • 行政書士業務 開発許可申請

開発許可申請

一定の面積を超える土地の造成を行なう場合は、許可が必要です。

建築物等を建築する目的で、一定の面積を超える土地の造成を行なう場合や、道路を新設し、宅地としてその土地を分譲する場合には、土地の造成をする前に、知事(政令市は市長)の許可を受けなければなりません。

都市計画法の規制により、地域によっては小規模な造成でも開発行為許可申請が必要な場合があります。開発行為許可申請には開発行為許可申請以外に道路自費工事申請や水路占用許可申請といった手続きを伴う場合が多いですが、私たち土地家屋調査士法人イデアグループ 豊田支店(旧土地家屋調査士 千野事務所)行政書士 成田事務所では一括してサポート致しますので一度ご相談ください(特に愛知県豊田市周辺地区では情報収集力・ノウハウに自信をもっております。)。

開発許可を必要とする場合

都市計画区域または準都市計画区域において開発行為を行う場合、行為の着手前に都道府県知事(指定都市、中核市、特例市は市長)の許可を受けなければなりません(下表参照)。

都市計画区域 市街化区域 1,000㎡以上の開発行為
市街化調整区域 一定の場合を除全ての開発行為
未線引区域 3,000㎡以上の開発行為
準都市計画区域 3,000㎡以上の開発行為
都市計画区域外 10,000㎡以上の開発行為

開発許可申請に必要な主な書類

  • 開発区域位置図
  • 地図に準ずる図面
  • 現況図
  • 実測図
  • 土地利用計画図
  • 造成計画平面図
  • 造成計画断面図
  • 道路計画縦横断図
  • 排水区域図
  • 排水施設計画平面図
  • 排水計画縦断図
  • 給水施設計画平面図
  • がけの断面図
  • 擁護の断面図
  • 各種施設構造図
  • 予定建築物計画書

開発許可申請における料金表

下記の料金表は概算見積です。面積、隣接地の状況により料金は上下します。ご依頼内容を詳しくお知らせくだされば、より正確なお見積を差し上げます。

手続き 実費は別途
開発許可申請 498,000円~
  • お問い合わせ
  • よくある質問
事務所案内

【事務所所在地】
〒471-0066
愛知県豊田市栄町二丁目24番地2